30半ばにしてやおいにハマる

商業BL、タイBLドラマ、クィア系映画のレビューや腐友とのやりとりなどをのんびり更新。 新作旧作関係なく好みの作品を取り上げています。

ドラマ『美しい彼』最終回の危うい思い込み

-
始まる前は――よりにもよって難易度の高そうな作品を、なんでドラマ化に選んだんだ……?と思っていた、ドラマ『美しい彼』。正直なところ、あまり期待していなかったのだけど、初回を見てみたら思ったより悪くなかった(何様)ので、毎週欠かさず見るように。そしてもちろん、最終回まで完走したのだけど――実は最終回を見た直後は、ドラマ向けに原作を結構アレンジしたんだなぁ……と思っていた。『美しい彼』の魅力は、清居の恋人であ...

『Manner of Death 』(Sammon) ―原作小説を読んで驚いたことは

-
2020年11月、タイBLドラマ『マナー・オブ・デス (Manner of Death)』の放送が始まった時は、大喜びして毎週楽しみに見たものだった。「Manner of Death/マナー・オブ・デス」予告編(日本語字幕)友人の不可解な死を他殺によるものと見て、犯人を探ろうとする法医学者のバン。容疑者の一人ながら、バンと惹かれ合っていく塾経営者のテーン。誰もが怪しく見え、最後の最後まで誰が犯人なのかわからず、目の離せない良質なクライ...

デビュー作に『美しい彼』の面影を見た、気がする

-
『美しい彼』シリーズ(『憎らしい彼』『悩ましい彼』)を一気に読んで、ふと、凪良ゆうさんのBLデビュー作、『花嫁はマリッジブルー』を読みたくなった。なぜなのかはわからない。ただ思い付きで、押し入れの奥から引っ張り出して、12年ぶりに読んでみたら。――主役カプもサブカプも、『美しい彼』の平良×清居のようなカップルじゃないか!!!と、大層驚かされた。ちなみに、2009年にアップした、『花嫁はマリッジブルー』『花嫁は今...

『美しい彼』1~3(凪良ゆう)― ネガティブどころかまさかの爽快感が待っていた!

-
現在放送中のドラマ『美しい彼』。毎週楽しみに見ているのだけど、実は原作をちゃんと読んでいなかった。わたしは凪良ゆう作品の大ファンだ。でも同時に、辛そうな、苦しそうな、あるいはやりきれなさそうな物語が苦手で、なるべく避ける傾向にある。それがたとえ、大好きな作家の作品であろうとも。『美しい彼』が出版された当初、裏表紙の内容紹介を読んで、むぅ……と眉間にシワを寄せたことを覚えている。美しい彼【SS付き電子限...

アピール下手な日本だけど『何食べ』で感心したこと

-
タイ沼に堕ちてから、ひしひしと感じるようになったことがある。日本って、特に海外に向けてのアピールやプロモーションが本当にヘタクソだなぁ……。目 次SNSやYouTubeを駆使するタイの芸能界残念な日本のあれこれ画期的で驚いた『きのう何食べた?』のYouTubeライブSNSやYouTubeを駆使するタイの芸能界タイBLドラマを見るようになって感心させられるのは、とにかくタイの制作会社やテレビ局、スタッフ、俳優がSNSを使って作品や自...

『王子ですが、お嫁にきました』(小林典雅)―メルヘンワールドから王子様がやってきた!

-
小林典雅さんの新刊、心から癒されたなぁ……!王子ですが、お嫁にきました (ディアプラス文庫)小林 典雅(著), 麻々原 絵里依(イラスト)楽天市場で探す警察官の岳の部屋にある日突然金髪碧眼の王子様が現れた!! 成り行きで面倒を見ることになるけれど……? おとぎの国の王子様と、超リアリストの青年の異世界トリップ・ロマンス“癒し”にもいろいろあると思うけど、この作品の癒しは“笑い”。ゲラゲラと腹を抱えるような大爆笑ではないけ...

それでもあなたに心からオススメしたい!『Lovely Writer』12の魅力

-
タイドラマを見始めて1年。心に残る作品、好きな作品がいくつもできたけれど、この作品はちょっと特別。『Lovely Writer The Series』(ラブリーライター)。原題は『นับสิบจะจูบ (Counting to 10 and I will kiss you / 10まで数えてあなたにキスする)』いろいろなメディアやタイドラファンのブログ、noteなどでおススメされているけれど、ええ、わたしも心の底から力いっぱい叫ばせてください――『Lovely Writer』はいいぞーーー...

憎めなくてクセ強めな英→日自動翻訳

-
タイドラマ鑑賞では、日本語字幕を利用できない時がちょこちょこあります。もしも英語字幕が付いているならがんばってそれで見て、YouTubeであれば英語から日本語に自動翻訳できるので、多少おかしな日本語でも英語よりは内容を掴みやすかろうて……と、その日本語字幕で見るのですが。ある時、たびたび唐突に番号という日本語字幕が表示されることに気が付きました。――番号……なんで……???ドラマの登場人物が「番号」などとは言ってい...

こんな状況だけど先輩の萌え、わたしの萌え

-
3度目の緊急事態宣言期間に突入した今日このごろ。去年の今頃は、まさか一年後によりいっそう、窮屈感と閉塞感がマシマシになっているとは思いもしませんでしたが――。先日、諸事情により、超久々に先輩ズに会ってきました。お二人ともお元気そうでしたが、さすがにコロナにはちょっとお疲れのご様子。そのうえ緊急事態宣言のためにエンタメ周りが軒並み休止・延期・中止になってしまって、意気消沈気味のようではあったものの。「...

タイドラに登場するアクティブな腐女子の疑問

-
あけましておめでとうございます。年末からこっち、ほとんど本を読んでいません。なぜなら、タイドラマを一生懸命観ていたから。だって、「ジオブロックされるから、観るなら今しかないよ!?」とお尻を叩きまくられるんですよ……仕方ないじゃない……!(ジオブロの心配がない作品も観たけれども)12月からこれまで、観た作品は4作品。で、たまたまなのかどうかはわからないけれど、このうち3作品に共通して気になることがあるのです。...